'; ?> アコムの3秒診断からわかる事実とは※融資可能かどうかを調べる方法

どこまでなら融資を受けることができる?アコムの3秒診断で見えてくるもの

アコムでは、公式ホームページ上に「3秒診断」というものが用意されています。これは、実際にアコムに融資を申し込む前にキャッシングの利用が可能かどうかを確認するためのものです。とはいえ、入力する情報は

 

生年月日と性別、既婚か独身か、そして他社からの借入件数と金額のみ

 

となっています。そのため、ここで得られた結果というのは実際のアコムの審査にさほど影響するというものではなく、単なる「テスト」的なものであるといえるでしょう。当然ながらこの3秒診断で融資可能という結果が返ってきたからといって、その後のアコムの審査で融資不可能となる場合もあるわけです。

 

そもそも3秒「診断」なのであって「審査」ではないという点をまずは確認しておくべきでしょう。だからといってこの3秒診断が決しておろそかにできないのは、

 

この3秒診断からアコムの審査基準というものが見え隠れしている

 

という点にあります。まず、3秒診断では「生年月」をプルダウンから選択しますが、ここで選択できる年というのは現在の年から起算して「20年前」〜「70年前」と設定されています。つまり、ここで選択することができない年齢の人は、アコムでは融資対象外ということになります。

 

次に他社での借入状況についてですが、これについても興味深い点があり、それは「同じ借入金額であっても借入件数が多くなれば融資可能とは判断されない」という点です。

 

たとえば他社からの借入金額が100万円であってもその件数が1件であれば融資可能という判断であり、4件以上になると「借入可能か判断できませんでした」といった内容の画面が表示されます。

 

このことから、アコムでは借入金額よりも既存の借入件数がどれぐらいあるかという点を重視していることがわかります。

 

もちろんこれは借入金額が多くても問題ないという意味ではありませんが、既存の件数が多いという人の場合は、おまとめローンなどで少しでも減らしたうえでアコムに申し込むと良いかもしれません。また、オリックス銀行カードローンは低金利で融資限度額も大きいので借り換えで申し込むという手段もあります。